1. 観光タクシーの【たびの足】ホーム
  2. 観光タクシーの料金
  3. 神奈川の観光タクシー
  4. 箱根の夜景を満喫!観光タクシーで巡るおすすめスポットをご紹介

箱根の夜景を満喫!観光タクシーで巡るおすすめスポットをご紹介

箱根観光のクライマックスには、素敵な夜景を楽しみたいですよね。この記事では、観光タクシーで巡る「箱根のおすすめ夜景スポット・ベスト4」をご紹介します。箱根旅行に観光タクシーをおすすめする理由も解説しているため、夜景観賞にお役立てください。

箱根で絶景の夜景を楽しめるスポット

観光タクシーを利用すれば、箱根の美しい夜景を眺められます。箱根神社や彫刻の森美術館、グルメや温泉を楽しんだあと、昼間とは違う箱根の夜をご堪能ください。

箱根のおすすめ夜景スポットランキング

第1位:三国峠

三国峠

三国峠は、芦ノ湖スカイラインで最も高い場所に位置します。標高1070m、裾野市と沼津市の美しい夜景を一望できますよ。日没前に足を運べば、夕闇に染まってゆく富士山に出会えるかもしれません。周囲に外灯がないため、天気の良い日は満天の星空を眺められるでしょう。

杓子峠~三国峠間には、メロディロードが設けられています。メロディロードとはタイヤの摩擦を利用し、音が流れるよう路面舗装を施した道です。管理事務所近くの下り車線約320mの区間で、「新世紀エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」を聴くことができます。

混雑具合 
休日に混み合う
おすすめ時間
18:20~18:50(季節により変動)
お問い合わせ
TEL:0460-83-6361(管理事務所)

第2位:杓子峠

杓子峠

杓子峠には、芦ノ湖スカイラインで一番小さな展望台があります。標高は1030m。ただし、駐車場の位置からは標高980mです。展望場所としてはそれほど広くありませんが、訪れる人が少ないため、夜景を充分に楽しめるでしょう。フロントガラス越しになりますが、車に乗ったまま目の前の景色を鑑賞できます。

富士山の麓に輝く街灯りや駿河湾方面の眺望など、観光タクシーを停車させ、ゆっくりした時間を過ごせるでしょう。芦ノ湖スカイラインの中間地点となり、視界が開けているため、夕焼けの美しさもひとしおです。

混雑具合 
基本的には穴場(時期により混み合う)
おすすめ時間
18:20~18:50(季節により変動)
お問い合わせ
TEL:0460-83-6361(管理事務所)

第3位:箱根芦ノ湖展望公園

箱根芦ノ湖展望公園

箱根芦ノ湖展望公園は箱根スカイラインの途中にあり、標高1000mを超える場所に位置します。御殿場市の夜景や、芦ノ湖の夕暮れを眺められるでしょう。夕日が沈んだ直後の芦ノ湖は、絵画のように美しい黄昏を見せてくれますよ。

絶景を求めて多くの人が訪れるロケーションなので、混雑を避けるにはタイミングを見計らってください。駐車場にはベンチもあり、杓子峠から望む夜景とは違った味わいを感じられます。

混雑具合 
駐車場(50台)が多く、休日に混み合うことがあり
おすすめ時間
18:30~21:00(季節により変動)
お問い合わせ
TEL:055-87-0226(箱根スカイライン料金事務所)

第4位:乙女峠

乙女峠

乙女峠は静岡県と神奈川県の県境に存在し、国道138号乙女トンネルの上に位置します。標高1005m。御殿場側出口のFUJIMI CAFE GOTEMBA(旧乙女峠ふじみ茶屋/2020年7月リニューアル)横の遊歩道を数分上れば、乙女峠展望台です。富士山を背景に、御殿場市のキレイな夜景を眺められますよ。

ただし、店舗駐車場はカフェの利用者優先で、10:30~17:00(変動の可能性あり)の営業時間となります。夜景観賞はもう少し遅い時間になりますが、観光タクシーが駐車可能かどうか確認が必要です。

混雑具合 
道路事情により混み合うことあり
おすすめ時間
18:30~21:00(季節により変動)
お問い合わせ
TEL:0550-83-4770(御殿場市観光協会)

箱根夜景ドライブの注意事項

芦ノ湖スカイラインと箱根スカイラインはそれぞれ有料道路ですが、夜景を眺められる環境は違います。どちらを訪れるにしても、ポイントを確認しておでかけください。

芦ノ湖スカイライン

営業時間 料金(通行1回)
7:00~19:00 一般区間800円/特別区間100円

箱根スカイライン

期間 営業時間 料金(通行1回)
12/1~3/31 平日 8:30~17:30
土日祝 8:30~18:30
360円
7/21~8/31 平日 8:30~19:00
土日祝 7:00~19:00
360円
その他 平日 8:30~17:30
土日祝 7:00~18:30
360円

芦ノ湖スカイラインには、箱根峠~湖尻峠までの一般区間。湖尻峠~湖尻水門までの特別区間があります。一般区間は19時でゲートも閉鎖されますが、特別区間は営業時間外に無料開放され、箱根スカイラインや県道337号へ抜けることも可能です。

19時でゲート閉鎖とは「19時までに入場すれば良い」という意味ではなく、19時までにゲートを退場する必要があります。スタッフの巡回があり、19時退場が難しい場合もゲートを閉める旨の連絡を伝えられます。箱根スカイラインは、営業時間内のご利用であれば通行料金が発生します。営業時間外は無料開放され、ゲートが閉まることもありません。基本的に24時間ご利用頂けます。

※台風などの悪天候によっては、通行規制が行われる場合もあります。
芦ノ湖スカイライン・箱根スカイラインの公式HPに発表されるためご確認ください。

箱根旅行に観光タクシーをおすすめする5つの理由

箱根は箱根湯本、宮ノ下・小涌谷、強羅、仙石原、芦ノ湖・芦之沢エリアの5つに分けられます。それぞれに距離があり、徒歩での移動は難しいでしょう。そのため登山列車やバス、タクシーが交通手段になります。そこで観光タクシーの登場です。

【おすすめ理由1】重たい荷物を持ち運びしなくても良い

重たい荷物

スーツケースや大きな荷物を持ったまま、登山列車からバスに乗り継ぐのは大変です。傾斜の多い道を移動すれば足への負担も大きく、思った以上に疲労が溜まります。せっかくの旅先なのに、気づけばヘトヘト状態なんて、できれば避けたいですよね。

夏なら途中で水分補給が必要になり、女性は紫外線も気になるでしょう。冬なら箱根の寒さを肌で感じます。仮に子供が一緒であれば、荷物の面倒と子供の世話をしなければならず、観光どころではない状態になるかもしれません。観光タクシーはその心配もなく、必要な荷物を積んで快適なドライブを楽しめます。

【おすすめ理由2】待ち時間がない

電車

公共交通機関には時刻表が存在します。そのため出発時間前に乗り場へ到着する必要があり、間に合わなければ見送るしかありません。ご利用の手段にもよりますが、場合によっては、次の発車まで30分以上時間を持て余すケースもあるでしょう。その間に別の観光スポットを巡る余裕も少ないので、ひたすら待つことも考えられます。

すべての行動で時間を気にしなければならず、ゆっくり観光できない可能性もあるでしょう。次への移動時間を計算しなければならないため、プラン内容の見直しを迫られるかもしれません。観光タクシーには時刻表がないので、お客様のご要望に合わせた形でご利用頂けます。

【おすすめ理由3】レンタカーよりも安全

レンタカー

お客様がレンタカーをご利用されるケースもありますが、箱根の道路事情から、難しい運転を強いられる場合も否定できません。例えば雨量が多い箱根の峠を越える。夜景を眺めるために狭い道を進むなど、カーブが多く見通しの良くない場所もあります。慣れていれば回避できるポイントも、思わぬハプニングに見舞われないとも言い切れません。

観光タクシーであれば、プロのドライバーが運転するため安心です。どの道を進むべきか。何に気をつけておくか。お客様を安全に目的地までお連れするため、事前準備は怠りません。

【おすすめ理由4】思いのままに車内でくつろげる

車内でくつろげる

公共交通機関は多くの人が利用するため、ルールとマナーを守る必要があります。荷物が大きければ場所をとるので、他の乗客に配慮しなければなりません。観光スポットを確認したくても、ガイドブックを広げることは難しいでしょう。観光タクシーはプライベート空間なので、車窓から景色の眺めを楽しみながら、リラックスして過ごせますよ。

【おすすめ理由5】リアルタイムで箱根の混雑具合を知っている

渋滞

観光タクシーのドライバーは、常に最新情報を確認します。混み合う時間帯は何時か。抜け道はどこか。できるだけ渋滞に巻き込まれないよう考え、最短で目的地へ向かえるように勤めます。

特に週末の箱根は観光客が多く、大涌谷周辺も混雑が予想されるでしょう。行楽シーズンともなれば、9時半~10時過ぎには駐車場が満車になる可能性もあります。大涌谷の交通事情は、火山ガスの影響を受けます。そのため交通規制が始まればロープウェイの運行は停止され、規制が解除され再開した際は、驚くほどの混雑を経験することがあるかもしれません。

観光タクシーのドライバーは、専任の観光ガイドです。箱根観光の混雑具合や道路事情に詳しく、歴史や見どころも丁寧にご案内します。移動中の気になるスポットやグルメなど、耳寄りな情報も紹介してもらえるでしょう。その道を知り尽くした「プロ」だからこそ、意外な穴場や裏話を知っているかもしれません。

【公共交通機関に向く人】

もちろん箱根観光の交通手段は、観光タクシーだけではありません。お客様のニーズによっては、公共交通機関のほうが良い場合もあります。箱根登山バスやロープウェイに乗りたい人、それを写真に収めたい人、箱根登山鉄道のお土産を買いたい人など、思い入れがあるなら公共交通機関が良いでしょう。他にも荷物の軽い人や3~4人のグループなど、お客様の状態により公共交通機関を選ぶ傾向は変わります。

ただし、迷うかもしれない、今まで1度も訪れたことがない、夜景観賞に行きたい等の事情があれば、コースや行き先を自由に組める観光タクシーをご利用頂くと便利です。混雑する場所や時間帯を避けて観光スポットを巡り、交通事情に精通した地元ドライバーが案内することで、レンタカーでは実現できないオーダーメイドの旅行を楽しめます。

PAGE TOP

  • お電話でのお見積り・ご予約もお気軽にご連絡ください 03-6880-1475
  • WEBからのお問い合わせなら最短5分で回答可能!