日本中のこけしが集う街!鳴子温泉をタクシーでめぐる観光プラン

宮城県北部に位置する鳴子温泉は、東北地方の中でも有数な温泉郷です。
そもそも鳴子温泉は、その周辺5ヶ所の温泉地の中心的存在として発展してきました。温泉の効能、泉質の良さに長けており、その良質なお湯を求めて足を運ぶ観光客も多いです。その街並みも、日本の温泉街の古き良き姿をそのまま残しており、散策にもぴったりな場所です。周辺は山々に囲まれ、自然豊かな景色を楽しむこともできます。

しかし、温泉街は公共交通機関が発展している場所とはいえず、なかなか足を運ぶことが困難な方もいらっしゃるでしょう。そこで、観光タクシーを利用した楽しみ方をご紹介します。

鳴子峡

四季折々の景色が楽しめる 鳴子峡

JR鳴子温泉から観光タクシーで10分ほど移動すると、V字渓谷が特徴の鳴子峡にたどり着きます。高さ約100mの絶壁が繰り出す景色は美しく、観光客の方々が自由に見学することができる場所です。中でも、紅葉のスポットとして有名であり、その景色の美しさは東北地方有数とも言われています。少し肌寒くなった季節に足を運び、紅葉を楽しむことも良いでしょう。

日本こけし館

こけしの街名物 日本こけし館

鳴子と聞いて、こけしを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。鳴子こけしは素朴で優しい表情をしており、はめ込み式の首を回すとキイキイ音が鳴ることが特徴です。全国的に知名度も高い工芸品で、お土産品としても有名な品物です。
温泉街にある日本こけし館は、昭和50年に開館したこけしの展示場です。鳴子のこけしに限らず、東北各地のこけしを一度に見ることができます。また、こけし絵付け体験が可能で、観光客を喜ばせています。鳴子峡からタクシーで5分ほど移動すると到着しますので、一度は見ておいて損はない観光スポットです。

全国こけし祭り

こけしの街で盛大なイベント「全国こけし祭り」

鳴子温泉街では、毎年9月上旬、日本各地の伝統こけしが一同に揃う「全国こけし祭り」が開催されています。ご当地グルメや名産品、こけし関連グッズを販売するこけしマルシェや、割れて傷ついたこけしを持ち寄って供養する供養祭などがあります。中でも、メインとなるパレードは、街中を張りぼてこけしが練り歩き、鳴子踊りやお神輿で盛り上がります。こけしが登場するパレードは、他のお祭りでは滅多に見られない光景でしょう。
こけし祭りは、年に数日のみ行われる鳴子の一大イベントですので、開催期には混雑が予想されます。ぜひ観光タクシーで訪れましょう。

温泉

鳴子の風情溢れる宿 ゆさや旅館

鳴子温泉の中心部にありますゆさや旅館は、温泉街の中でも有数な歴史がある旅館です。木造2階の建物は、国の登録有形文化財に指定され、中に入ると時の流れがゆっくり流れるような不思議な感覚を味わうことができます。旅館名物は「うなぎ湯」です。このお湯は、天候や気温の変化で色が変わるという幻想的な光景が特徴です。 肌触りがとてもよく、特に女性からの支持が高い温泉です。
ゆさや旅館の「うなぎ湯」を例に出しましたが、鳴子温泉は場所ごとに独自の源泉があるという珍しい温泉郷です。宿によって泉質の違いを楽しめますので、たくさんの温泉を巡り、それぞれのお湯の良さを感じていただきたいです。

こけしに囲まれた不思議な雰囲気の温泉街「鳴子温泉」、興味が湧きましたでしょうか?観光タクシーを利用して素敵な旅をお楽しみいただければ幸いです。

PAGE TOP

最短5分簡単入力!無料お見積りはこちらから