Webからのお見積り

FAXでのお見積り

外国人と一緒におすすめ!東京の観光スポット10選

浅草 仲見世

短時間で日本らしさを満喫できるスポットです。雷門をくぐった先に広がる仲見世通りは外国人の興味を引くアイテムが揃っています。日本人には珍しくない物でも外国人には新鮮な物ばかり。浅草寺の参拝と共に江戸らしい町並み、下町情緒、庶民の味など一気に日本の良さを感じてもらえます。

両国

両国には、日本の国技・相撲の本場所が行われる「両国国技館」と、江戸時代から現在までの東京の移り変わりを知ることができる「江戸東京博物館」があります。本場所が開催されている時期は、周辺を歩いているだけで力士の姿を間近に見ることもでき、近くにはどぜう鍋など郷土料理の老舗もあります。

歌舞伎座

歌舞伎座で公演があるときは、イヤホンガイドを利用すれば英語による解説付きで鑑賞することもできます。また、歌舞伎に関する書籍やDVD、お土産品なども豊富に揃っているため、外国人にとってよい東京土産、日本土産が見つかる場所でもあります。

築地場外市場

東京の台所「築地の場外市場」は、海外からの観光客に大人気のスポットです。中でも外国人観光客に人気なのはマグロの競り見学。カメラを構える外国人の姿が多く見られます。周囲においしいお寿司や刺し身が食べられるお店があるのはもちろん、最近は観光客が気軽に歩きながら日本独特の食べ物を食べられる工夫もされています。

六義園

江戸時代の大名庭園をそのままの姿で残しているのが六義園です。小石川後楽園と共に江戸の二大庭園と賞される名園で、とても都会の真ん中にあるとは思えない落ち着いた風情が感じられます。春の枝垂桜を初め四季折々の姿を愛でながら、茶屋で抹茶や和菓子を楽しむこともできます。

寄席

江戸の大衆娯楽・落語を楽しめる寄席は、新宿など都会のど真ん中にも残っています。言葉がわからなくても、手ぬぐいと扇子の使い方、噺家の表情などを見ていると、日本らしい雰囲気は感じてもらえるのではないでしょうか。時間帯によっては若手の噺家の落語をたった500円で楽しむこともできます。

渋谷

日本人にとってさほど珍しく感じられないものなのに外国人がとても驚くものの1つにスクランブル交差点があります。特に渋谷駅前のスクランブル交差点には行きかう人の姿をカメラに収める外国人観光客の姿も見られます。待ち合わせスポット・ハチ公や、ファッションの聖地・渋谷109と共に行ってみたいと思っている外国人は多いようです。

原宿

原宿は外国人にも人気のファッションスポット。しかし、原宿に外国人を連れて行く場合は、竹下通りの喧騒だけではなく、一歩裏通りに入った時の静けさも一緒に見せることがおすすめです。ほんの少し路地を入っただけなのに、まったく異空間に入り込んだようなギャップがあるところが外国人に人気なようです。

秋葉原

外国人の認知度が高い日本の観光スポットの1つに秋葉原があります。浅草や京都に匹敵するほど訪れたい日本の観光地として名前が出てくる秋葉原は、かつてのように世界最大規模の電気屋街・秋葉原としてではなく、ポップカルチャーの聖地としてのAKIHABARAを楽しみに訪れる外国人観光客も増えているようです。

明治神宮

明治神宮は日本の文化に触れながら、緑豊かで美しい庭園も見られる場所として外国人に人気です。結婚式や七五三などの風景に遭遇すると更に喜んでもらえます。神社のお参りの作法を覚え、おみくじを引くということだけでもよい思い出になること請け合いです。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP