新潟で観光タクシーで訪れる少しマニアックなオススメスポット

日本海側にある新潟。仕事や用事がない限り、新潟に立ち寄ることは少ないかもしれません。しかし、新潟には少しマニアックな観光スポットがたくさんあります。それでは見ていきましょう。

新潟の少しマニアックな観光地とは?

新潟は漫画ファンにとってはたまらない街と言えましょう。近年、新潟市では漫画にまつわる博物館や銅像が次々と生まれています。
2013年に登場したのが新潟市マンガ・アニメ情報館。漫画やアニメの楽しさがよく伝わるような仕掛けがたくさんあります。また、新潟市内には水島新司のドカベンなどの銅像があります。漫画ファンはもちろん、野球ファンもぜひチェックしてくださいね。
漫画を読みたければ新潟市マンガの家に行きましょう。その名の通り、館内には漫画がズラリ。心ゆくまで漫画を楽しむことができます。また、市立中央図書館「ほんぽーと」も漫画がたくさんあります。ぜひ、観光タクシーを使って漫画を楽しむ旅をしてはいかがでしょうか。

漫画が好きならまずはここから 新潟市マンガ・アニメ情報館

それでは、少しマニアックな新潟ツアーを始めてみましょう。最初に紹介するのは新潟市マンガ・アニメ情報館。
まず、マニアックで充実した博物館にも関わらず、入場料が大人200円。この低価格はうれしいですね。館内に入ると、新潟にまつわるアニメのキャラクターが出迎えてくれます。この博物館の特徴は漫画の世界に入って楽しく遊ぶことができること。例えば「ラムちゃんと鬼ごっこ」では高橋留美子さんの『うる星やつら』の世界で遊ぶことができます。ラムちゃんが落とす雷をうまくよけながら、ラムちゃんを掴むゲームが用意されています。
他にも、漫画が実際に作られる過程を解説したコーナーや実際に漫画を作ることができるコーナーまであります。

じっくり漫画を読み味わえる場所 新潟市マンガの家

新潟で漫画を読みたければ、新潟市マンガの家に行ってみましょう。入場は無料。いつでも気軽に入れます。
館内に入ると漫画の本がたくさん。どこから読んでいいのか、きっと迷われることでしょう。漫画は1万冊が用意されており、時代ごとの名作が揃っています。
でも、単に漫画を読むだけではつまらない、と感じる方もいるでしょう。そのような方は、講座「マンガのいっぽ」を受けてみましょう。「マンガのいっぽ」では漫画の描き方を中心にレクチャーしてくれます。「マンガのいっぽ」で嬉しいのは、申し込み不要で無料なこと。
スケジュールもホームページで公開されているので、気になる講座はぜひチェックしてみましょう。

図書館だと思って侮ってはいけません 新潟市立中央図書館「ほんぽーと」

最後に紹介するのは新潟市の図書館です。普通の図書館なんて侮ってはいけません。こちらの図書館には何と漫画が5000冊もあります。新しくできた図書館なので、気持ちよく読むことができます。また、一般書に関しても80万冊の蔵書があり、最新のビジネス書まであります。ここまで充実していたら、読書好きの方を唸らせること、間違いありません。新潟の中心地からも近いので、ぜひお立ち寄りください。もしかすると、運命の漫画・本に出会うかもしれませんよ。
いかがでしたか。このように、新潟は「漫画」を中心に新しい観光スポットが続々と生まれています。他にも新潟にはユニークで魅力的なスポットがたくさんあるので、観光タクシーで訪れてくださいね。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP

ご予約・お見積りはお電話・WEBから

  • 03-6880-1475
  • 最短5分無料見積り