長崎の観光スポットを観光タクシーで楽々アクセス

坂が多い街、長崎。徒歩で街を回ると結構疲れます。ぜひ、長崎を訪れたら観光タクシーを利用してみましょう。観光タクシーですと楽にダイレクトに観光スポットまで行ってくれます。

観光タクシーを使って訪れたい長崎の観光スポット

まずは長崎にどのような観光スポットがあるのかを見ていきましょう。長崎は広島と並んで被爆地として知られた街。平和公園や原爆資料館には必ず立ち寄ってみましょう。
そして、ステンドグラスが美しい日本に現存する最古の教会、大浦天主堂も訪れたいスポットです。歴史好きな方なら出島も捨てがたいですね。残念ながら、現在は埋め立てられ島ではなくなっていますが、出島の歴史が学べる様々な仕掛けが用意されています。
長崎には多くの外国人が来たわけですが、一番の有名人はシーボルトでしょう。時間があればシーボルトの博物館にも立ち寄りたいところ。ぜひ、観光タクシーを使ってじっくりと観光スポットを楽しんでくださいね。

平和のありがたみを改めて認識できる 平和公園

1945年8月9日午前11時2分、一つの爆弾が長崎に住んでいた多くの人々の命を奪いました。それが長崎への原爆投下です。その時の悲惨な過去を残し、未来への祈りが込められたスポットが平和公園です。平和公園には高さ9.7メートル、重さ3トンにもなる青銅で作られた巨大な「平和祈念像」があります。思わず目の前に立つと心が「ジーン」となってしまうことでしょう。
また、平和公園には「平和の泉」があります。これは水を求めながら亡くなった人々を心に刻み、平和への祈願を記念した泉です。平和公園を訪れると、改めて平和の重要性を実感することでしょう。時間があれば、ぜひ原爆資料館も訪れてください。

現存する日本最古の教会 大浦天主堂

長崎はキリスト教の信者が多い街としても有名。至るところに教会があります。その中で、ぜひ訪れて欲しいのが大浦天主堂です。
大浦天主堂は日本に現存する最古の教会です。様式は中世ヨーロッパの典型的な様式であるゴシック様式です。建てられたのは1865年のこと。19世紀に建てられたとは思えない美しいステンドグラスが自慢です。大浦天主堂は原爆によって大損害を被りました。その後、再建され再び国宝に指定されました。現在では長崎のシンボルとなっている教会となっています。
現在、世界文化遺産の登録を目指して頑張っています。平和公園から直接、観光タクシーで大浦天主堂に向かってはいかがでしょうか。

江戸時代の雰囲気を感じられるスポット 出島

長崎は江戸時代の鎖国体制において、唯一外国に開かれていた街で有名です。長崎で外国人が活動していたのが出島です。残念ながら出島の周辺は埋め立てられ「島」ではありません。その代わり、出島があったエリアは博物館になっており、江戸時代の建物が再現されています。出島を歩いていますと、江戸時代にタイムスリップしたような感覚になるでしょう。
中でも注目したいのがオランダ商館長、カビタン部屋。出島では最も大きく目立つ建物です。建物は2階構造となっており、1階部分は出島の歴史が紹介されており、2階部分はカビタンの生活ぶりが分かる展示となっております。他の建物もおもしろいので、ぜひ訪れてください。
今回、紹介した以外にも長崎には多くの観光スポットがあるので訪れてみましょう。

お見積り・ご予約はこちら

PAGE TOP

ご予約・お見積りはお電話・WEBから

  • 03-6880-1475
  • 最短5分無料見積り