Webからのお見積り

FAXでのお見積り

一日中楽しめる成田空港の観光スポットをジャンボタクシーで

海外旅行でおなじみの成田空港。普段は通り過ぎてしまうだけでしょう。しかし、成田空港とその周辺には魅力的な観光スポットがたくさんあります。それでは見ていきましょう。

飛行機ファンのみならず、様々な楽しみ方ができる成田空港

成田空港には知的好奇心をくすぐられる観光スポットがたくさんあります。まずは、成田空港の周辺にある芝山町の「航空科学博物館」を訪れてみましょう。
ここでは航空機のことがよく分かる展示物が揃っています。飛行機好きはもちろん、そうでない方も楽しめますよ。
成田空港では展望デッキで飛行機を眺めてみましょう。迫力ある国際線の飛行機を見ると、自然と旅行気分が盛り上がりますね。
成田空港の穴場観光スポットは京成東成田駅。かつて、東成田駅は「成田空港駅」として空港アクセスを担っていましたが、新駅の登場により現在は普通のローカル駅に。しかし、当時のポスターなどが残されており、一見の価値はあります。

成田空港・航空機のことが学べる 航空科学博物館

成田空港で見逃せない観光スポットが航空科学博物館です。航空科学博物館は5階建ての仕様で、様々なアプローチで航空機のことが学べます。まずは1階にあるボーイング747を見てみましょう。実物の航空機を前にして、その迫力に驚かれるはず。そして、複雑なシステムによって、鉄の塊が空を飛んでいることを実感できると思います。年配の方でしたら、2階の中央棟がオススメ。ここではイラストで過去の航空機を紹介しています。きっと、懐かしくお気に入りの航空機が見つかることでしょう。
なお、航空科学博物館を電車でアクセスするのは大変。なぜなら、近くを走る芝山鉄道の本数が少ないからです。ぜひ、機動性に優れたジャンボタクシーで訪れてください。

迫力ある航空機が目の前に!成田空港展望デッキ

成田空港の展望デッキは2箇所あります。一つが第一ターミナルの5階に、もう一つが第二ターミナルの4階にあります。展望デッキに出ますと迫力ある飛行機が目の前!さらに、国際線ですので、様々な航空機が眺められ、とても充実した時間が過ごせます。航空機ファンでしたら、無線機を持っていき交信を聞くのも楽しいでしょうね。
なお、第一ターミナルと第二ターミナルで乗り入れている航空会社が異なります。それぞれのターミナルを訪れて航空機ウオッチするのも楽しいでしょう。しかし、第一ターミナルと第二ターミナルは少し離れており、徒歩での移動は疲れます。ジャンボタクシーを使えば、待つことなく楽に移動することが可能です。

昭和レトロを感じさせる穴場スポット 東成田駅

最後に紹介するのは、成田空港にある究極の穴場スポット「東成田駅」です。東成田駅は1978年に「成田空港駅」として誕生。長年に渡って、空港アクセスの一役を担っていました。しかし、1991年に新駅が登場したことにより、「東成田駅」に改称。「普通の駅」となってしまいました。
東成田駅の見所は使われなくなったホーム。そのホームには昭和時代の駅名表や看板がそのまま残っています。さすがに、使われなくなったホームには入ることはできませんが、現役のホームから観察することができます。少し「昭和」な気分になれる貴重な観光スポットと言えましょう。東成田駅は成田空港駅からかなり歩かないといけないので、ジャンボタクシーでサクッと訪れましょう。

いかがでしたか。成田空港にはおもしろく意外なスポットが数多く存在します。ぜひ、ジャンボタクシーで訪れてくださいね。

お見積り・ご予約はこちら



PAGE TOP