福岡のユニークな美術館には便利なジャンボタクシーで

福岡県には多くの美術館があります。そして、それぞれの美術館にはきっちりとした個性が光っています。ぜひ、美術館が持つ個性をジャンボタクシーと共に見つけてくださいね。

福岡県らしい美術館がたくさん

福岡県の美術館は「福岡県らしさ」を前面に出しています。福岡県は昔から中国や朝鮮半島との貿易で栄えた場所。そのため、福岡は長年、アジア美術に親しんできました。その流れが美術館にも反映されています。また「美術館」と一言で表しても、様々な個性があります。例えば、カフェでくつろげ、考え事ができる美術館もあります。街にどんどんアピールするアクティブな美術館もあります。
さて、ジャンボタクシーで美術館を訪れるメリットはなんでしょうか。やはり、ダイレクトに目的地に運んでくれるので、美術館での滞在時間が長く取れます。また、美術鑑賞の余韻に浸ることもできますね。それでは、早速見ていきましょう。

福岡県を代表する美術館 福岡県立美術館

名前から分かるとおり、福岡県を代表する美術館です。福岡県立美術館は福岡・博多の中心、天神にありますので、その他の観光スポットと組み合わせることが容易です。
福岡県立美術館の特徴は様々な楽しみ方ができること。展示物をじっくりと鑑賞することはもちろんですが、カフェでゆっくりとくつろぐこともできます。カフェは須崎公園に面しておりガラス張り。緑を眺めながらのティータイムは日頃の忙しさを忘れさせてくれるでしょう。
考え事や画集を集めたい場合は美術図書室に行ってみましょう。また、美術図書室では全国の展示会に関する情報も提供しています。
ぜひ、滞在時間を多めに取る意味でも、ジャンボタクシーを利用されてはいかがでしょうか。

福岡の土地柄を活かしたアクティブな美術館 福岡アジア美術館

先ほども書いたとおり、福岡は諸外国との交易で栄えた街です。1999年、そのような街に誕生したのが福岡アジア美術館です。
福岡アジア美術館の最大の特徴はアジアの近現代の美術を専門としていること。古いアジアの展示物や美術品が多い中で、異彩を放っています。
また、福岡アジア美術館のもう一つの特徴はアクティブであること。アジアの新進気鋭のアーティストや研究者を積極的に招き、人々との交流ができるようなイベントが行われます。イベントの開催予定はホームページに記載されているので、そのタイミングで訪れるといいでしょう。
遠方の方ですと、イベントの時間に合わせてジャンボタクシーで駆けつけるというやり方もできますね。

出光の創業者のやる気を感じられる美術館 出光美術館(門司)

出光興産の創業である出光佐三は日本と中国の書や陶磁器を中心に収集しました。出光佐三は「これはいい」と思うと、徹底的に収集したのです。その結果、国内外に誇れるコレクションになりました。
出光美術館(門司)では、主に日本の書画と中国の書画、陶磁器が展示されています。ぜひ、コレクションに情熱を注いだ姿勢を展示物から読み取ってみませんか。なお、出光美術館は北九州の門司にあります。時間が限られている場合は。福岡・博多からジャンボタクシーを使って訪れるのもいいかもしれません。
ジャンボタクシーで時間を長くとって、福岡で充実した美術タイムを楽しんでください。

お見積り・ご予約はこちら



PAGE TOP

ご予約・お見積りはお電話・WEBから

  • 03-6880-1475
  • 最短5分無料見積り