Webからのお見積り

FAXでのお見積り

ちょっと人数が多いときにはジャンボタクシーがオススメ!見積りはお気軽に!

5人~9人程度といったちょっと人数が多めのとき、普通のタクシーだと乗り切れないけど、マイクロバスだと大きすぎます。そんな場合にはジャンボタクシーのご利用がオススメです。ジャンボタクシーの解説から予約の仕方までをご説明します。

ジャンボタクシーってどんな乗り物?

その名のとおり、「大きなタクシー」です。小型タクシーであれば最大4人、中型タクシーなら最大5人ですが、ジャンボタクシーなら5人~9人まで乗れます。ハイエースやエルグランドといったワゴン車をタクシー仕様に改装したものが使われます。
使い方はタクシーと同様です。距離制の運賃であれば、初乗りに加えて距離に応じた料金がかかります。車体が大きい分、1台あたりの運賃は小型車や中型車のタクシーよりも高くなりますが、2台チャーターするよりも割安になります。
また、通常のタクシーと同様、事前に予約すれば貸切にすることも可能です。なお、すべてのタクシー会社でジャンボタクシーを所有しているわけではないので、事前に調べておく必要があります。

冠婚葬祭の大事なお客様の送迎にはジャンボタクシーがぴったり!

冠婚葬祭などで、大事なお客様を送迎する際、安全と快適さを考えると、タクシーを用意されることがよくあります。特に遠方からお客様を迎える場合、空港から電車やバスを乗り継ぐような煩わしい思いをさせたくないときなどには、タクシーが重宝されます。
このとき、人数が5人~9人程度ですと、通常のタクシーなら2台から3台呼ぶ必要がありますが、ジャンボタクシーなら1台で済み、割安になります。グループが分かれてしまうことも防げます。また、遠方からのお客様の場合、大きなスーツケースをお持ちの場合も多くあります。通常のタクシーのトランクだと収まらないことがありますが、ジャンボタクシーなら大丈夫です。

ビジネスシーンでも強い味方!ジャンボタクシーでクライアントをご案内

大事なクライアントを工場や現場をご案内する場合などにも、ジャンボタクシーがぴったりです。工場や現場視察の場合、自社とクライアントとを合わせると3~4人で収まらない場合が多々あります。
たとえば、自社とクライアントがそれぞれ、部長、課長、担当者の3名ずつだと6名ですよね。普通のタクシーだと2台チャーターする必要が出てきます。また、2台以上に分乗する場合、誰をどちらに乗せるか、等、余計な悩みも出てきます。
ジャンボタクシーなら、1台で参加者全員、自社もクライアントも乗れます。さらに、ジャンボタクシーなら移動中も車内を会議室代わりにして、ビジネストークを進めることもできます。電車やバスではこんなこと、できませんよね。移動中の時間も無駄にしない、ジャンボタクシーならではのメリットと言えます。

気軽にできる!ジャンボタクシーの見積り

ご希望のタクシー会社が決まっている場合には、その会社に直接、ジャンボタクシーの有無などを問い合わせます。特に決まっていない場合には、検索サイトなどでジャンボタクシーを所有している会社を探します。出発地から近いところに拠点があるタクシー会社を選ぶのが良いです。利用したい日時のほか、出発地・目的地・人数などを伝えれば、見積りをしてくれます。内装が特別仕様になっている車種を所有している会社もありますので、特に大事なお客様を送迎する際には、内装にこだわることもできます。

いかがでしょうか?タクシーを使いたいけど、ちょっと人数が多いんだな、とか、荷物が多いんだけどな、というときにはジャンボタクシーがお得でオススメです。通常、どのタクシー会社でも見積りは無料ですので、気になるタクシー会社に気軽にお問い合わせしてみましょう。

お見積り・ご予約はこちら



PAGE TOP